• 中沢

日本企業で「新規事業」がなかなか進展しない“意外で、深刻すぎる背景”

少しタイトルが仰々しくなってしまっていますが、日刊SPA!での不定期連載です。

当初のタイトルは「キラキラシンドロームに注意」といったもので、伸び悩む会社だけでもなく蔓延しつつある挑戦意欲が低下するメカニズムについて述べたものでした。


会社の中でやりたいことをやるのではなく、やるべきことをやるという人の割合が多い会社ほど生き残れる確率は高まります。





閲覧数:4回0件のコメント